ロスまで6時間!NASAも主導する超音速旅客機が実現へ急旋回

超音速旅客機コンコルドが営業飛行を終了したのは2003年10月だった。それ以降、超音速旅客機は姿を消したが、開発が終わっていた訳では無い。

NASAが新世代の超音速旅客機を実現すべく開発を続けていた。そして超音速旅客機復活における最大の障壁は、「ソニックブーム」だった。「ソニックブーム」とは、航空機などが超音速で飛行した際、地表にもたらされる爆発音の様な大音響のことだ。

このソニックブームが騒音問題を引き起こすため、超音速旅客機の普及は困難となっていたのだ。

NASAは、このソニックブームを低減するための研究を続けていた。

1ページ目から読む