絶対に人生観が変わる2時間の「成層圏旅行」価格は720万円

2014年6月18日、ワールド・ビュー社(World View)は気球を使った成層圏の飛行テストを成功させた。

ボイジャーの機体

テスト飛行はニューメキシコ州ロズウェルで行われ、同時にパラフォイルによる飛行の高度では世界新記録を打ち立てた。パラフォイルとは、パラグライダーなどでも使用される柔軟構造を持った翼のことだ。

テストは約5時間に亘って行われた。円筒形の機体を気球で上昇させ、高度約36,000メートルに到達させている。この高さでは、地球の曲線と漆黒の宇宙空間が同時に見られるという。

気球による成層圏飛行テスト成功

その後15,000メートルまで下降したところで気球を切り離し、パラフォイルによって地上まで飛行した。通常、地球に帰還する宇宙船がパラフォイルを開くのは9,000メートル付近だというから、かなりの高度からパラフォイルを使用したことがわかる。

成層圏のボイジャー

ワールド・ビュー社はこの研究を2011年から行っているが、これまでは各コンポーネントの小型版でのテストだったため、完全なシステムとして組み立てられたものでの飛行テストは今回が初めてとなった。

但し今回の機体は、実際に運営する完成版の1/10のサイズだという。

ワールド・ビュー社は宇宙開発事業を行っているパラゴン・スペース・デベロップメント社から分社した民間企業で、今回テスト飛行したカプセル型の機体は、「ボイジャー」と名付けられており、2016年の実用化を目指している。

ドラマチックで優雅な2時間の宇宙旅行

ワールド・ビュー社の計画では、パイロット2人と乗客6人が搭乗できる機体を気球で飛行させ、約2時間、宇宙空間と地球を全方向で見渡せる成層圏での滞在が可能となる。離陸から着陸までの全行程では約5時間かかる。

ボイジャー着陸態勢

予定している旅行プランでは、夜明けに地上を飛び立ち、球体であることが実感できる地球の向こう側から太陽が昇ってくる光景を見られるという。人生観が変わってしまうであろうドラマチックな情景に違いない。

機体にはトイレも有り、飲み物を楽しめるバーも設置される。機内からインターネットにもアクセス可能だから、夢のような光景をリアルタイムでSNSにアップすることもできるだろう。

一般人の宇宙旅行が現実味を帯びてきた

このワールド・ビュー社が行う成層圏の旅行は、75,000ドル(約730万円)だが、ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic)が予定している宇宙旅行の250,000ドルに比べれば格安だ。

しかもワールド・ビュー社が提供する成層圏への旅行は、気球で行う穏やかな飛行であるため、搭乗者に特別な訓練は必要無いということも、かなり魅力的である。

さらにたっぷり2時間は成層圏を楽しめる。これがヴァージン・ギャラクティック社の様なジェットエンジン系の乗り物では、最高高度滞在時間は僅か数分である(但し、無重力を体験できるが)ことと比べれば、慌ただしい気持ちになる必要も無い。

価格といい、訓練が不要であることといい、一気に宇宙が身近になってきたと言えるだろう。

*画像出典:World View Experience