地下鉄の動きを神の視点でチェックできるアプリが示す無限大の夢

東京を移動する際、地下鉄は大変に便利だが、その分複雑ではある。それで地下鉄駅構内の壁に貼られている地図を見るのだが、現在の地下鉄の状況がどのようになっているのかまでは、想像できるものでもない。

ところが同じように市民の移動手段として便利で複雑な、アメリカのニューヨークの地下鉄の状態を、壁に貼られた地図を利用することで、現在の地下鉄の状況を「見える」様にするスマートフォンのアプリが開発されているというのだ。

壁に貼られた地下鉄の地図をスマホで覗くと…?

その画期的なアプリを開発しているのはニューヨーク大学(New York University)の学生たちだ。アプリの名は「Tunnel Vision」と言う。

現在ニューヨークの地下鉄はMTA(Metropolitan Transportation Authority:ニューヨーク州都市交通局)が管理しているが、そのいずれの路線図からも状況が分かるという。

「Tunnel Vision」を起動したスマートフォンを通して壁に貼られた路線図を見ると、なんとも不思議なことに、その地図上では様々な情報が踊るようなアニメーションとして表示されるのだ。

Tunnel Visionで運行状況を見る

電車の運行状況や混雑具合などが地図上で動くアニメーションとして可視化されるだけではない。特定の地域の平均収入の状況まで「見る」事が出来るというから驚く。

Tunnel Visionで国勢データを見る

これらのアニメーションには、MTAが提供している地下鉄の運行情報や改札での人々の入出情報などだけでなく、米国国勢統計データからも人々の平均収入や物価、英語しか話せない人達の人口密度など、様々なデータベースの情報が利用されている。

Tunnel Visionで人々の動きを見る

「Tunnel Vision」が認識するのは駅構内の壁に貼られた地図だけではなく、スクリーン上に表示された地図や、印刷物として配布されている地図も含まれているという。

既存の地図がスマホのアプリで未来型サービスに利用される

地下鉄の路線図をスマートフォンで覗くと、地図上には様々な情報がアニメーションとして表示される。この技術はあらゆる地下鉄や地上の路線への応用として広まるかもしれない。

いや、それだけでなく、道路交通情報や店の混み具合、さらにはイベントに参加している人数や地域毎に動いている現金の量までアニメーションとして可視化されるかもしれない。

なにより「Tunnel Vision」のおもしろさは、ずいぶん以前から、これまで多くの人達がそこに有るのが当然として眺めてきた地下鉄駅構内の壁に貼られている路線図に、新しいテクノロジーを掛け合わせて新たな利用方法を提供していることだろう。

日本でも利用できるようになる日が楽しみだ。