スマホの画面が小さすぎるなら「外側」で操作すればいいじゃない

タブレット、パソコン、ATMなど、私たちの身の回りにはタッチスクリーン技術を利用したインターフェイスはすっかり生活に溶け込んでしまっている。

いったい、タッチスクリーンに触れない日はあるだろうか。

fuffr_site_top

ところがその中で最も長く接しているかもしれないスマートフォンの画面については、操作内容によっては狭すぎるということがあるかもしれない。

数あるタッチスクリーンデバイスの中で、スマートフォンの長所はその小型化されたコンパクトなサイズにあるのだが、そのことが操作をする上では短所になる場合がある。

だからといって、画面を大きくしてしまっては、モバイル端末としての魅力がなくなってしまうし、それならばタブレットを使えば良い、ということになってしまう。

そこで、必要に応じて、スマートフォンの操作を画面の外側にも拡張してしまおうという技術が開発されている。

1ページ目から読む