企業「アクティブリンク」はパワーアシストスーツで日本を救うか

現在の日本では、人手不足と高齢化が問題となっている。特に建設業界や運送業などへの影響は深刻で、例えば建設業界では30歳未満の働き手が1割にまで低下しているという。

そのような人材不足は労働環境のさらなる悪化を招き、そのことがまた人材不足の要因となってしまうと言う悪循環をもたらすだけでなく、現場での労働災害を増やしてしまう危険もある。

ただでさえ建設や物流の現場などでは重い資材を運ばねばならないような高齢者には厳しい労働状況がある。

そのような状況を改善しようとしている技術がある。パワーアシストスーツだ。そしてそのパワーアシストスーツの開発に挑むベンチャー企業「アクティブリンク」が注目されている。

アクティブリンクのパワーアシストスーツ

1ページ目から読む