MIT開発「チーターロボット」が放つ衝撃的なイノベーション

MIT(マサチューセッツ工科大学)のバイオミメティックロボット研究所(Biomimetics Robotics Lab)では、2009年から「Cheetah」と呼ぶチーター型ロボットの開発を行ってきていた。

Cheetah

しかし長いことこのロボットは実験室の中で、倒れないようにアームで固定され、天上から伸びる様々なコードに束縛されていた。

それが改良を重ねた結果、最新のアルゴリズムを搭載したことで、とうとう支えのアームも天上からのコードも必要としなくなった。

実験室から飛び出した「Cheetah」は青空の下、MITのフットボールコートを時速約22kmで外部動力源も無く自立して走ることができる様になったのだ。

さらには高さ約30cm程の障害物も飛び越えられるようになっていた。

1ページ目から読む