日本を変えるかもしれない発電方法5つ

まとめ

これらのうち、特に日本で期待が持てるのは、地熱発電と波力発電。日本の地形にマッチしており、安定した電力の供給が期待される。しかし、その分ハードルが高い。

水素電池を搭載した自動車は、現在国内自動車メーカーが2015年の実用化に向けて開発を進めている段階。すでに水素ステーションも徐々に建設されている。

発売当初は700万〜800万円と高価(以前は1,000万円強と言われていたので多少は安くなった)だが、現在主流のハイブリッド車のように、普及することで価格は下がっていくだろう(参考:トヨタが燃料電池車FCVを今年度中に発売!価格は700万円前後)。

現代人にとって、電気は切っても切り離せないエネルギー。いかに効率よく安価に発電でき、安定して供給できるか。豊かな未来は、今後の電力確保にかかっていると言って過言ではない。

*参照:新エネルギー財団

1ページ目から読む