3Dプリントペンで何もない空間にモノを描こう

当サイトの読者のかただったら、3Dプリンターはご存じのひとがほとんどだろう。

樹脂などを積層していき、立体造形を作ることができる装置だ。では、3Dプリントペンというものはどうだろうか? いってみれば、プリンターに対するペン。つまり印刷機に対してフリーハンドで描いていく道具である。

といっても、3Dプリントペンをご存じないひとは、なかなか想像しにくいかもしれない。それなら下の動画を見ていただければ一目瞭然だろう。

おわかりになっただろうか。ペン状の器具の先から、樹脂を出しては瞬時に硬化させていき、立体造形を作っていくことができるデバイスだ。

3Dプリントペンというものは、恥ずかしながら私も今回初めて知ったのだが、じつはもう何アイテムも市販されている。原理的にはそれほど難しくないようだ。これまで発売されたものは、ペンの中でABSやPLAといった樹脂を加熱して溶かして押し出し、急速に冷えて固まることで立体ができるというわけだ。