連休は表参道へ!話題のRingが体験できるらしい

Ringというアイテムをご存知だろうか。

以前「ウェアラブルの最先端は「魔法の指輪」デバイス操作に驚異の革新」で紹介した、指輪のようなこのデバイスはiOS/Androidの専用アプリと接続して、クラウドに繋がっている機器やサービスと連携できるものだ。

およそITデバイスらしくないそのスマートな見た目、指を動かすだけというシンプルな操作性などからクラウドファンディングで大きな注目を集めたことは、各メディアで広く取り上げられた。

未知のプロダクトということで本当に実現するのか不安がよぎる時期もあったが、先日無事、サイト上で購入できることが確認された。そして2014年10月30日〜11月3日まで、表参道において期間限定で実機を体験できるとの噂を聞きつけ、さっそく向かってみた。

Ring表参道

Apple表参道店を横目に

最近出来たばかりのApple表参道店を過ぎ、表参道ヒルズへ向かう。メインの入り口からさらに原宿方面へ歩くと、あった。Ringを体験できる期間限定のブースだ。

ハロウィンの仮装を施した女性がちらほら見られ、夕刻で人出が増えつつあるなか、既にブースには人だかりができていた。周辺のショップとは異彩を放つ、ブース内で何やら人が指でジェスチャーをしている様子から、Ringのことを事前に知らなかった人も興味を持って列を作っているように思えた。

Ring表参道

このように、ブースに入りきらない人は若干の寒さ漂う路上に列をなして順番が巡ってくるのを待っていた。その間でも、他の人がジェスチャーする様子を見ることができる。デモでは、Ringをジェスチャーすることで仮想の機器を操作するのだ。

しばらく滞在していたが、指を動かすだけで本当に機器を操作できるその新しい体験に、参加者からは「おぉ!すごい!」という歓声が上がることも多く、Ringの持つ魅力・可能性を再確認することとなった。

Ring表参道

画面に映しだされたデモ用の記号通りに指をジャスチャーさせれば良いだけだ。×、△、◯、といった簡単なもので大丈夫だ。もちろん、機器側の精度や人間の練度が向上すれば、それこそ無限の入力パターンを持たせられるであろう。

米CNNが発表した「世界を変える10のプロダクト」に選出されたのも頷ける。

Ring表参道

事前の情報通り、Ringにはセンサーがある。そこをタップすることが、iPhoneにおいてホームボタン長押しでSiriが起動するように、ジェスチャー入力開始の合図となるようだ。誤ジェスチャー防止には必須の仕組みだろう。

気になる人はぜひ行ってみよう

初日ということもあってか経営者陣も姿を見せており、取材依頼に気さくに対応してくれた。話題のプロダクトのため体験できるまで少々待ってしまうのはいたしかたないとして、機能や使い方についてスタッフが丁寧に教えてくれるのはありがたい。

3連休のいずれか、表参道へ、あなたも現代の魔法を体験しに行ってみてはいかがだろうか。

*詳細:Ring Store 表参道ヒルズ店 10月30日よりOPEN!