任天堂が「ノン・ウェアラブル」で健康事業に参入

10月30日、渡橋都内で開かれた任天堂の経営方針説明会で、岩田聡社長が2015年に参入すると既に表明していた健康事業について説明を行った。

説明に依れば、任天堂が開始する健康事業で「QOL事業」と呼んでいるものの第一弾は、睡眠や疲労を手軽に測定できる機器の開発だという。つまり「睡眠と疲労の見える化」に取り組むことを明らかにした。

疲労

1ページ目から読む