窓の無い飛行機の狙いは、実はエコだった

フレキシブルエレクトロニクス関連の製造技術を開発するイギリスのCPI社(Centre for Process Innovation)が、客室の窓を全て無くした飛行機のコンセプトを発表した。

窓が無い開放感

窓が無い代わりに、壁や天上、座席の背後などに有機ELディスプレイを敷き詰め、小さな窓から覗くより開放的な外部の風景を映し出そうというのだ。

まるで座席と床だけで空を飛んでいるような気分になりそうである。

なんとも奇抜な、というか思い切ったアイディアだが、実はこれ、目的は乗客を驚かせることでは無かった。

1ページ目から読む