キミのシュート練習は、アプリが見とどけている

いいか、よく聞いてくれ。わがバスケットボールチームは、シュート力の強化のために今日からShot Trackerを導入する。
この四角いデバイスはリストセンサーだ。手首に装着して使用する。

ShotTracker01

次にゴールを見てくれ、ネットには丸いネットセンサーが取り付けられているだろう? シュートが決まれば、あのネットセンサーが感知する仕組みだ。

ShotTracker02

リストセンサーの装着にはリストバンドを使ってもいいし、専用のスリーブを使ってもいい。それは君たちの自由だ。どちらもプレーの邪魔にならないように軽くできている。好きなほうを選んでくれ。

ShotTracker03

シュートの回数と成功数がスマホに記録される

そしてみんな自分のスマートフォンに専用アプリ「Shot Tracker App」をダウンロードしてくれ。よし。それでOKだ。君たちがリストセンサーをつけてシュートを打てば、それはすべて即座に専用アプリに記録される。そのうち何本が成功したかもだ。もう君たちは頭で覚えておく必要はない。ただ次のシュートに集中しさえすればいい。

ShotTracker04

シュート練習の内容も、専用アプリが提供してくれる。君たちはその指示に従って練習にはげめばいい。そのメニューどおりに練習すれば、どの位置からのシュートが苦手かも、アプリが教えてくれる。

また、このアプリは、われわれのコートで行われた練習のデータを共有することができる。チームメイトの練習量やシュート成功率を見ることもできるわけだ。どうだ? 刺激になるだろう。

このアプリはコーチの私が君たち選手の練習量とその内容を見ることができるようにもなっている。私が考えたシュート練習は、今後このアプリを通して君たちに知らせることになる。君たちが努力をすれば、その成果もちゃんと私は見ている。

ShotTracker05

もし君たちが自分でもこのデバイスを購入したいのなら、Shot Trackerのサイトで買うことができる。リストセンサー、ネットセンサー、充電器、リストバンド、スリーブのセットで149.99ドルだ。覚えておくといい。それから、使いかたのイメージは下の動画で紹介されている。今日の練習前に見ておくことにしよう。

わかったかな? よし。じゃあ着替えて15分後に練習開始だ!

*参照および画像出典:Shot Tracker