18時間で1,100万円の出資を獲たドローンの正体

アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で一台のドローンのプロジェクトが資金調達を開始したところ、わずか18時間で1,100万円(59,000ポンド)以上の応募を集め人気となっている。

最近では様々なドローンのコンセプトが発表されているが、そのドローンは一体どのような物なのだろうか?

小型ドローン

このドローンの正体は「ZANO」というもので、今までのドローンのイメージからは想像もつかないような”手のひらサイズ”に仕上がっている。

サイズはなんと縦横ともに6.5cmで、重さも55gと超小型設計。連続飛行時間は10~15分、操作範囲は15~30m、最大速度は時速約40kmで、操作はスマートフォンのアプリを使ってする。

本体の性能面では5メガピクセルのHDビデオカメラを搭載し、障害物回避機能や自動追尾・ジャスチャー操作も可能となっており、今までの大型のドローンに引けを取らない性能が備わっている点も魅力の一つだ。