次世代エレベーターは縦横無尽に動きビルの形状を自由にする

2014年11月27日、ドイツの鉄鋼会社ティッセンクルップ(ThyssenKrupp)が、ロープレスエレベーター「MULTI」を発表した。

なんと上下垂直方向だけでなく、水平方向にも移動できる世界初のエレベーターだ。

縦横無尽に動く

ロープを無くすことができたのは、マグレブ(磁気浮上)型であるためだ。これはリニアモーターカーと同様の原理となる。

そしてティッセンクルップ社は、この「MULTI」を2016年までに開発とテストを行うとしているから、実用化もそれほど遠い先のことではない。

1ページ目から読む