ボーイング787がグリーン燃料を使った飛行に成功

以前、「中華料理から出た廃油で飛行機が飛ぶかもしれない」という記事を書いた。それもボーイングに関する記事だったが、植物などから採れるバイオ燃料は航空機に使うことができる。そして、ボーイング社から、B787エコドリームライナーで、サステイナブルなバイオ燃料を使った世界初のテスト飛行に成功したという発表がなされた。ボーイング社のウェブサイトで見ることができる。

ボーイング787

といっても完全にバイオ燃料だけで飛んだわけではない。85%の石油系ジェット燃料に、15%のバイオ燃料を混ぜたものを左側のエンジンにのみ使用したというものだ。まぁ、いきなり100%バイオ燃料だけで飛行するのはリスクが高いし、現実的ではないのかもしれない。

このグリーン・ディーゼル(バイオ燃料)は、植物油、廃食用油、そして廃棄処分となる動物性脂肪から作られたものだ。陸上での乗り物に使われるバイオ・ディーゼルとは化学的に異なるもので、2011年に認可された航空機用バイオ燃料であるHEFAというものに近いという。

First Green Diesel Flight of the ecoDemonstrator 787

アメリカ合衆国、ヨーロッパ、アジアで30億リッターを製造することができれば、世界のジェット燃料の1%を供給することができ、コストは1ガロン(3.785L)あたり3ドルになる(アメリカ政府の優遇措置を含めて)。そうすれば石油系ジェット燃料と同等の価格になるという。