ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

クレーンを使わずともアクロバティックな撮影が可能になるGoPro×ドローンは、今日も世界中の絶景をそのレンズに捉えている。人間単体ではまず撮影できない画角を簡単に手に入れられるGoPro×ドローンは、アクティブな個人空撮という新たなジャンルを作り出した。

しかしGoProを外付けするシステムはドローン、GoProの他にジンバルと呼ばれるスタビライザーを用意せねばならず、まとめて購入すると10~20万円コースとなってしまい、コンシューマーユースではそう簡単に手が出せない。

AR.Drone 2.0

そこで登場してきたのが、カメラをあらかじめ搭載しているドローンたちだ。安価なモデルは1万円以下から存在しており、学生でも手を出しやすい。

問題は画質だ。安かろう悪かろうではせっかく購入したとしても残念感が漂ってしまう。そこで価格帯別に4つのカメラ搭載ドローン+αの動画撮影品質を調べてみた。購入を考えている方は是非とも参考にしていただきたい。