アメリカ海軍のレーザー兵器は人道的か?

数十年前から、SFではよくレーザー兵器が使われていた。

そしてこの2014年年秋ついに現実世界でもレーザー兵器が実戦配備された。ただ、その性質は、SFアニメに出てくるような派手な光線が発射されて破壊力バツグンのものとはかなりちがうようだ。アラビア湾で行われたテストの模様をアメリカ海軍のウェブサイトが紹介している。

Laser_Weapon01

このレーザー兵器、通称LaWS(Laser Weapon Systemの略)と呼ばれる。アメリカ海軍の軍艦に配備され、既存の防衛システムとシームレスに運用されるという。動画の中で、LaWSは向かってくる小型ボートの上の標的、上空のドローン、そして海上の移動する標的を撃っている。

海軍兵士たちは、配備されて以来、すでにこの装置を数ヶ月にわたって使っているが、強風時や高温、多湿といったむずかしい条件のでもパーフェクトに作動しているという。信頼性やメンテナンス性は期待以上だともいわれる。