ポケットに入る!スマホケース型のヘッドマウントディスプレイが登場

もっとも優れた点は「スマホケース」にしてしまったこと

リアルなゲームが楽しめたり、3D映像で映画が楽しめたりと、私たちの生活に新たな体験をもたらしてくれそうなHMD。なかでも『Hello Pinc』は、スマホケースにしてしまったことが最も優れた点だろう。

例えばスマホさえ持っていれば、これまでのテレビ電話と違ったよりリアルな話し合いが可能となったり、自らの等身大モデルに洋服を試着させたりなんてことも、大きな画面(バーチャル空間)ならではの体験である。

筆者は、ダイエットメニューを実際に料理するとどのくらいの量か、なんてことに使ってみたい。付属のコントローラーで“道具を使う”なんて仮想体験もできれば、子供の教育やリハビリなんかにも応用できるのかもしれない。

 

『Indiegogo』での公募はどうやら今回で2回目。締め切りは1月22日となっていて、目標額5万CAD(カナダドル)のところ、現在3万ほど集まっているようだ。

メタリックブラックモデルは99CAD(アメリカ・カナダ以外の発送は別途送料)と想像より安いように感じる。年末に忙しくて買い物を楽しめなかった方は、自分へのご褒美として出資してみてはいかがだろうか?

 

【 関連記事】

※ 仮想現実デバイスで視覚障害者が見る世界を再現

※ 2015年の「電気業界」で気になる動き5選

※ 信号が不要に?シンガポールが自動運転に積極的なワケ 

【参考】

※ Pinć VR – A Virtual World in Your Pocket – INDIEGOGO

1ページ目から読む