ついにオフラインでもチャットが可能に!?

AirTalk

電波の届かない場所で友人とはぐれてしまったらどうするか。しかもそれが混雑しているイベント会場だったとしたら、「待ち合わせ場所を決めておけば……」なんて後悔することもあるだろう。

しかし、ついにインターネット接続を必要としないコミュニケーションアプリが登場した。

 

半径100m以内のユーザーにオフラインチャット

OFF Line株式会社が10月にリリースしたコミュニケーションアプリ『AirTalk』がアップデートし、オフライン上でも最大で半径100m以内のユーザーにメッセージが送れるようになった。

Bluetoothの新しい規格でもある『Bluetooth Low Energy(BLE)』を利用することで、このオフラインメッセージが可能となる。同社によると、既存の Bluetoothアプリの約10倍のアクセススピードで他端末と接続できるという。

地下などの圏外の場所でも、『AirTalk』を持つユーザーであればコミュニケーションがとれるというわけだ。

 

GPS機能により50km以内の人に連絡できる

今回のアップデートにより、GPS機能が導入。ネット接続がある場合は最大で50km、自分の周りの人とコミュニケーションがとれるようになった。

この機能により、震災・災害時の場合、自分の場所や状況を離れた相手に位置情報と一緒に送るなど、緊急時の連絡をスムーズにとることが可能となる。

 

場所をきっかけとしたコミュニケーション作り

自分が今いる“場所”にコメントを残すことができ、そのコメントを他人は最大7日間まで見ることができる。

例えば、カフェやバーなどで「ここで明日イベントやります!」といったコメントや、テーマパーク内で「何時間待ち……」といった情報を残し、場所をきっかけとした情報交換やコミュニティ形成もできる。

airtalk

 

現在はiOS版のみのリリースで、アンドロイド版は準備中とのこと。

通常のSNSのように自由にメッセージの送受信ができるかといったら、スピード感や使いやすさなど、まだまだ不自由な点が多いのも事実。しかし、“どうしても”という時には大きな力を発揮してくれるに違いない。

 

【関連記事】

※ クルマの故障はアプリが突きとめてくれる!?

※ 聴覚障害者の通話をラクにする音声テキスト変換アプリ

※ 自動で街のゴミ回収も!Wi-Fiを活用したポルトの都市計画

【参考】

AirTalk