たったの3秒でモバイル11台分!手のひらサイズの燃料電池が登場

電源を気にしない自由な行動へ

燃料電池というと、最近では自動車のような大がかりな物への利用を思い浮かべてしまうが、モバイルデバイスのための充電機器としても利用できるのだ、ということを『kraftwerk』によって改めて気付かされた。

『kraftwerk』さえ携帯していれば、電源のある場所を気にせずに、長期間にわたってモバイルデバイスを活用することができるだろう。

例えばパソコンやスマートフォン、タブレット、デジタルカメラなどのモバイル機器を手放せない人やノマドワーカーたちが、さらに自由な活動を行えるようになる。

電源を確保できない自然環境で長期間活動できるようにもなるし、街中でもちょっと電源が必要になったばかりに、飲みたくもないドリンクを注文してカフェに入る必要もない。また、入ったカフェでコンセントを確保できなくても慌てる必要がなくなるだろう。

これは販売開始が待ち遠しい、という人が多いのではないだろうか。

 

【関連記事】

※ 充電したいなら手帳を開くだけ!「極薄」ソーラーパネルが登場

※ 「やわらかい電池」を使えばベルトがモバイルバッテリーになる

※ 5分でフル充電!スマホ使いを救うバッテリーが登場か

※ 地味な存在だった「自転車のペダル」がようやくスマートに!

※ 電気がないなら太陽光で調理すればいいじゃない

【参考・画像】

※ kraftwerk – Kickstarter

1ページ目から読む