血糖値は「タトゥーシール」で計測すると楽になる

Tatoo_Sensor_02

1回ごとの苦痛はそれほど大きくなくても、それとずっと付き合っていくとなるとつらいだろう。生活習慣病の治療というのはそういうものかもしれない。

しかし、糖尿病患者の苦痛を軽減してくれるウェアラブルデバイスの研究が、カリフォルニア大学サンディエゴ校から発表された。

皮膚の細胞のあいだの血糖値を計測し、その情報を採取することができるタトゥーシールだ。これが実用化されれば、糖尿病患者は痛い思いをせずに血糖値検査をすることができる。