やっぱり日本はすごかった!月探査コンペでハクトの「ローバー」が中間賞

やっぱり日本はすごかった!月探査コンペでハクトの「ローバー」が中間賞

ロケット打ち上げなど、宇宙開発が国家レベルでの取り組みであったのは過去の話。現在は民間企業もしくは個人が宇宙開発に向けて、技術力を競う時代になっている。

それを象徴するのが、民間によるロボット月面探査コンテスト『Google Lunar XPRIZE』だ。このコンテストは、

1:宇宙空間に出る、2:月へ行く、3:月に着陸する、
4:月面を500m以上走行する、5:月面からHD画質の動画・静止画を送信する

という5つの項目を実現したチームに優勝賞金2,000万ドル、総額3,000万ドルを贈るというもの。最終締め切りは2016年とされているが、先日中間賞である『マイルストーン賞』が発表された。これは実際に月面に探査機を飛ばす前に、それぞれの項目で優秀な実証結果を出したチームに賞金が与えられる。

1ページ目から読む