トヨタMIRAIの「心臓を2個持つ」燃料電池バスで低炭素社会を目指す

トヨタMIRAIの「心臓を2個持つ」燃料電池バスで低炭素社会を目指す

経済産業省の“次世代エネルギー・社会システム実証地域”として、トヨタ自動車のお膝元、愛知県豊田市が選定されたことを受け、同市は2010年8月に『豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト』を立ち上げた。

このプロジェクトでは生活圏・コミュニティ単位でのエネルギー利用の最適化を目指すと共に、交通システムにおいてCO2排出量“40%削減”に向けて取り組んでいる。

1ページ目から読む