FCVだけじゃないクルマが進む「もうひとつの未来」とは

FCVだけじゃないクルマが進む「もうひとつの未来」とは

開発が始まって既に20年以上の時間が流れている水素で走るFCVこと“燃料電池車”。

昨年末にようやくトヨタ自動車が市販に漕ぎ着けた訳だが、多くの人達にとっては車名が示すように“MIRAI”が一足飛びにやって来たイメージだったのではないだろうか。

同様に、自動走行システムについても1980年代の米TVドラマ『ナイトライダー』のストーリー上で早くから織り込まれていたように、その歴史は意外に古い。

1ページ目から読む