HDDも充電もUSBも全部入り!スマホを救うサバイバルツール

小さな筐体にいくつもの機能

『PK K’isauve(ピーケーキソーフ)』というこのアイテムの名前はフランス語だ。“救助者PK”というような意味らしい。現在クラウドファンディングのサイト『INDIEGOGO』で資金募集中だ。

四角くコンパクトにまとまっていて、キーチェーンにもつけることができるこのアイテムには、スマートフォンを支える様々な機能がある。

まずはUSBキー機能。これはAndroid、iPhone、iPad、iPodだけでなくPCにも使える。また、記憶容量は最大128GBもある。スマートフォンに写真をためすぎたり、動画を入れすぎたりして容量がいっぱいになってしまったときには、この『PK K’isauve』に保存することもできるわけだ。また、記録した写真や動画をインターネットを介してシェアすることもできる。

次は同期・充電ケーブル機能。外出時にケーブルを忘れてしまうと、出先でPCと接続できなかったり、充電ができないという事態になってしまうが、この『PK K’isauve』を持っていれば大丈夫。PC側とスマートフォンをつなぐケーブルを内蔵しているので、『PK K’isauve』を経由して同期・充電が可能だ。

また、容量はけっして大きくないものの、『PK K’isauve』は小さいモバイルバッテリーも搭載している。スマートフォン本体のバッテリーが切れそうになっても、この『PK K’isauve』を接続すれば重要な連絡くらいはしておくことができる。

ユニークなのは吸盤2個を備えていることだ。スマートフォンと接続して持ち歩く際も、スマートフォンの背面にペタッとくっつけることができる。ブラブラしないので収まりがいい。

『PK K’isauve』の仕様は、サイズが43×43×11mm、重量が19g、バッテリー容量が100mAh。iOS用、Android用ともに16GB、32GB、128GBのものがラインアップされる。小売価格はiOS用が89.99〜199.99ドル、Android用が79.99〜189.99ドルになるようだ。

PK02

 

ひとつひとつの機能は特別画期的なものでもないが、接続ケーブル、モバイルバッテリー、記憶媒体がセットになっているところは便利だ。

スマートフォンのライトなユーザーには必要ないかもしれないが、電池切れになりやすいひとや容量が足りなくなりそうなヘビーユーザーは、購入してもいいかもしれない。

 

【関連記事】

※ iPhoneもAndroidもこの「デュアル」コネクトケーブル1つでOK

※ たった4%でも画期的!リサイクル材を使用した「乾電池」が未来への第一歩

※ 世界で最もクリーンなSUV!ボルボのPHV「T8」

※ 電池が切れたら漕げばいい!「自転車」でスマホが充電できるようになった

※ 「目」代行アプリ!? スマホがあれば視覚障害者をサポートできる

【参考・画像】

※ Mini Survival Kit for iPhone-Androida – INDIEGOGO

1ページ目から読む