チタンを凌駕する強さを持つ「鉄合金」が未来の自動車を軽くする

チタンを凌駕する強さを持つ「鉄合金」が未来の自動車を軽くする

運動性能の面においても、燃費の面においても、自動車は軽いほうがいい。しかし、衝突安全性の面から強度を上げようと思うと、ある程度の重さが必要になってくる。

なお、現在のほとんどのクルマのボディは鉄でできている。一部の高性能車にはアルミニウムや繊維強化プラスチックの軽量なボディを持つものもあるが、どうしてもコストが上がってしまう。

けっきょく鉄は地球上でもっとも手に入れやすく、加工しやすい金属なのだ。自動車の車体にはまだまだ鉄が使われることだろう。

1ページ目から読む