イギリスが「自動運転車」をリードする?春から公道での走行実験開始へ

イギリスが「自動運転車」をリードする?春から公道での走行実験開始へ

昨年5月にGoogleがコンセプトと開発状況を発表し、一躍注目を集めた自動運転車。

今年に入ってからは、Appleが同様の自動車を研究しているという噂が囁かれる一方、EVベンチャーのテスラモーターズや配車サービスのUberも自動運転のアイデアに関心を持っていることが伝えられている。アメリカ以外でも、中国がこの分野で積極的な姿勢を見せており、先日も大規模な走行デモが成功を収めたようだ。

いまやテクノロジー企業や自動車関連企業の大物プレイヤーがこぞって参加し、最もホットな分野となっている自動運転車。多くの人が利用する自動車に関わるため、市場に投入された際のインパクトは計り知れないが、それが私たちの生活を一変しうるポテンシャルを持っていることは間違いないだろう。

先日イギリスのグリニッジで行われたイベントで、初めて自動運転車が公共の道を走る姿が披露された。この場で英運輸大臣のClaire Perry氏は、春から一般道を自動運転車で走行するための規則のフレームワークを明かし、今後この分野に注力していく姿勢を見せている。

 

政府系研究機関が開発したLUTZ Pathfinder

イベントでは、政府系の研究機関Transport Systems Catapult主導により製作された、『LUTZ Pathfinder』のプロトタイプが公開された。

オックスフォード大学のチームが供給するセンサーおよびナビゲーション技術を備え、イギリスで急成長を見せるエンジニアリング会社RDMグループが手がけた、主に短距離での移動を想定して開発された2人乗りの自動車だ。

LUTZPathfinder2

レーダーやパノラマカメラ、接触感知のセンサーなど周囲と車体の安全性を確保するのに十分なシステムを備え、シート下にある動力システムはゲーミングコンピューター2台分ほどの出力だという。

現在の『LUTZ Pathfinder』は、歩道やペデストリアンスペースを走行するようデザインされている。規則が変更されれば、今年の後半には通常の公道を自動走行できるようだ。

 

イギリスが自動運転車開発の中心に?

イベントでは、自動走行車の公道での使用についての新しい規則も発表された。春からの新規則によって、ブリストル、コベントリー、グリニッジ、ミルトンキーンズといった試験的に設定されたエリアで走行が可能になる。

4つの地域には1,900万ポンドの公金が配分されるが、これはBAEシステムズや日産といった企業を含むコンソーシアムによって適切に運営されるということだ。

『LUTZ Pathfinder』のプログラムでも、ミルトンキーンズでの実験が予定されており、これが英国内での初の公道走行になる見通しだ。

この日、Claire Perry氏は自動運転車の将来について次のように語っている。

ドライバーのいない車は私たちの向かう未来です。私はイギリスがこの興奮する新しい開発分野の先頭に立ち、世のなかの道路をめぐる環境を変え、そしてグローバルな投資の新たな流れを開いてほしいと思っています。

その上で、今回の試験的な走行準備が、イギリスがこの分野をリードするチャンスになると自信を見せている。

 

アメリカでは公道での実験走行が可能になっているが、各社が自動車パーツ基準への対応に苦慮し、計画が遅れているとされている。果たして、今後イギリスは自動運転車の開発を先導する場になっていくのか、注視していきたいところだ。

 

【関連記事】

※ クルマの「自動運転」が実現したらお酒は飲んでもいいの?

※ 日本初の移動式水素ステーション「ハイドロシャトル」開設

※ テスラに続きトヨタも「特許を開放」した理由

※ iPhoneがコンデジを超える?「本気カメラ」になってしまうケース

※ ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

【参考・画像】

Transport Systems Catapult unveils UK’s first driverless pod – Transport Systems Catapult

※ Launch of UK’s first driverless pod – Youtube

※ Testing driverless cars on UK’s roads given the green light – Dezeen