年間100億本消費される乾電池を「USB充電式」に変えよう

年間100億本消費される乾電池を「USB充電式」に変えよう

今でも大変お世話になる“乾電池”。歴史は古く、1700年代にはその原理がすでに発見され、1800年代後半には電気時計に使われていたそうだ。

そして現在では“充電式”もよく使われるようになっている。一度使ったら廃棄しなければならない通常の乾電池に比べ、わざわざ買いにいく手間も省けるし、自然にも優しい。

しかし、充電式電池にはもちろん充電器が必要なため、それはそれで面倒。ならばもっとシンプルに、充電器なしで直接充電してしまえばいい。

1ページ目から読む