凍結注意!をクルマ同士でシェアするボルボのクラウドプロジェクト

凍結注意!をクルマ同士でシェアするボルボのクラウドプロジェクト

スエーデンの自動車メーカー、ボルボ(Volvo Cars)が行っている、クラウドを介した“クルマ同士の情報交換”プロジェクトが面白い。

スウェーデン運輸管理局やノルウェー道路庁と共同で進めているのだが、主な内容は、“あるクルマが直面した凍結路面などの道路状況を、ボルボのクラウドネットワークを使って他のクルマに警告する”というもの。

警告は二段構えで、まず『Slippy-road alert』で滑りやすい路面をドライバーに警告し、次にハザード灯での警告『Hazard-light alert』も行い、周りの車両などへも注意を促す。

 

テスト車を50台から1,000台に拡大

現在はまだ試験段階だが、基礎的な技術開発はすでに終了。現状のテスト車両50台を今後は1,000台に拡大し、テストエリアもスウェーデンのイエテボリやノルウェーのオスロを含む大都市圏にまで拡大する。

情報は道路管理者へも送られ、路面改善や事故防止などの対策が素早く行えるようにする。

Slippery road warning shared with other cars

 

自動運転システムへの転用もある?

寒いお国ならではの安全管理への取り組みといえるが、このシステムがうまく機能すれば、他のシステムへの転用も考えられそうだ。それは、今話題の“自動運転システム”。

車同士の情報交換はV2X(車車間通信)と呼ばれ、トヨタなども研究を進めている技術だ。他車の位置や距離などを情報交換することで、安全な自動運転を可能にすることなどが考えられる。

 

ともあれ、まずは安全が第一。冬の凍結路面は日本の道でも大いに関係する。ボルボでは、今後数年以内での実用化を目指しているという。

 

【関連記事】

※ イギリスが「自動運転車」をリードする?春から公道での走行実験開始へ

※ NVIDIAの新作「頭脳」が自動運転を加速させる

※ その音は感情かコマンドか?これは「クラウドの耳」になるかも

※ 空中で「トランスフォーム」するVTOLドローンなんて欲しすぎる!

※ 死角なし!防御しながら飛行するボール型ドローン「GimBall」

【参考・画像】

Scandinavian cloud-based project for sharing road-condition information becomes a reality – Volvo Cars of North America Media Newsroom