「自己修復するジェル」がピンポイントかつ持続的な薬物投与に活躍する

「自己修復するジェル」がピンポイントかつ持続的な薬物投与に活躍する

医療の分野において、ピンポイントで狙った部位にだけ薬剤を投与する技術の開発というのは、ひとつの大きなテーマであるようだ。薬剤が広く拡散してしまっては、効かせたい部位への効果が弱まってしまうし、患部以外の場所への副作用も問題になるからだ。

当サイトでもこれまでいくつかこの分野の新技術の開発を紹介してきたが、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究チームが、また新たな技術を発表した。それはジェルを使うというものだ。

1ページ目から読む