次世代の交通機関を東京で!トヨタによる「i-ROAD」シェアリングサービス

次世代の交通機関を東京で!トヨタによる「i-ROAD」シェアリングサービス

“カーシェアリング”は1987年にスイスで発祥した後、90年代に北米にも広がり、現在では欧米を中心に世界27カ国以上で運営されている。

スイスでカーシェアリングがいち早く普及した背景には、以下のような特徴があったそうだ。

(1)国土が狭いため、駐車場の確保が容易でない

(2)鉄道等の公共交通機関が発達しており、クルマへの依存度が低い

(3)クルマをステータスとして所有する意識が薄くなっている

これらの特徴はそのまま日本にも当てはまり、日本でも都市部を中心にカーシェアリング市場の急成長が目立つようになってきた。

1ページ目から読む