手のひらサイズの「水力発電」!? 自然エネルギーを使ったモバイル充電器

持ち歩く水力発電

ドイツのBlue Freedom LLCがクラウドファンディングの『Kickstarter』で資金調達を始めたのは、持ち運べる水力発電機『Blue Freedom』だ。

アウトドア派のためのモバイル発電機で、水が流れている場所さえ確保できれば、森の中だろうと山の中だろうと、平原だろうと、モバイルデバイスの電力を確保することができる。

本当に自然から電力をまかなうので、ガスや特殊な溶液などを準備する必要はない。また、太陽電池のように天気を気にする必要はないし、夜でも問題ない。

ただし、川がなければ致命的だ。しかも川があったとしても、ほとんど流れがない、といった川では役に立たない。つまり、弱点はある。

『Blue Freedom』で発電するには、まずUFOのような本体中央からからローターを外す。そして外したローターと本体を180cmのドライブシャフトで繋ぐ。

ドライブシャフトで繋げば

後は、ローターを川の流れに投入するだけだ。小さな渓流でも流れがあれば十分に発電できる。逆に巨大な川でも流れが遅すぎれば発電は難しそうだ。

水中のローターが回転している

スマートフォンなどと『Blue Freedom』本体をUSBで接続すれば、発電中でも充電できるが、万が一川に落としてはしゃれにならないので、しっかり川から離れて本体に蓄電された電気で充電するほうが安全だろう。

発電中も充電

『Blue Freedom』本体には5,000mAhのバッテリーが内蔵されているので、発電し終えてから他のデバイスに余裕で充電できる。重量は400gなので、バックパックに入れておいても負担にはならないだろう。ただ、他のモバイル発電機やバッテリーに比べると少しかさばる。

 

街中を移動しているモバイラーには残念ながら役立たないが、自然を愛するアウトドア派には、便利な愛用品になるかもしれない。どうしてもサイズ的には、まだ工夫の余地がありそうだが、面白い選択肢が増えた。

 

【関連記事】

※ スマホの充電に「太陽電池」はかさばるって?じゃあ巻いてみよう

※ これがマルチツール!? まさか25種類の工具を手首に巻いているとは…

※ ついに塩水で充電可能に!? カードサイズのモバイル用燃料電池「JAQ」

※ スマートなBBQを実現する電気自動車「e-NV200」

※ ジャイロスコープ充電器は「人力」でチャージさせるスゴイヤツ

【参考・画像】

※ Blue Freedom – Kickstarter

1ページ目から読む