「記念スキャン」が流行るかも?ひとり一体のアバターを持つ時代

「記念スキャン」が流行るかも?ひとり一体のアバターを持つ時代

「殺傷能力を持つ銃を実際に作ってしまった」というニュースで一躍有名になった3Dプリンター。現在でも様々なジャンルで研究が続けられており、食べ物や金属などがプリントアウトで複製可能となってきている。

この3Dプリンター、当然ながらプリントアウトする前には元となるモデルが必要だ。データで書き起こし扱いやすいようにするのが一般的だが、まだまだデータが揃っていないものや、より精密なものは、一から収集する必要がある。

立体物であれば一番手軽なのが“スキャン”という方法だが、どうやらこの3Dスキャンが私たち一般人でも手軽に利用できるようになるらしい。

1ページ目から読む