富士通が高齢者の「異常」を早期発見するシステムを開発

富士通が高齢者の「異常」を早期発見するシステムを開発

富士通がアイルランドで高齢者の自立生活支援について研究するプロジェクトを推進している。

『KIDUKU』と称するこのプロジェクトは、高齢化社会の到来に際し、安全・安心で豊かな生活を支援することを目的に、富士通研究所と富士通アイルランドが現地の研究機関と共同で実施しているもの。

この研究ではスマートハウスに設置した“100種類以上”のセンサーと、高齢者が身に着けたセンサーから日常生活におけるデータを収集、可視化・分析する技術の開発を進めている。