3月21日、街が音楽に溢れる「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」が開催

3月21日、街が音楽に溢れる「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」が開催

3月21日(土)は世界各国でバッハの音楽が奏でられる。街角で、カフェで、地下鉄で、プロアマ問わず様々な演奏家がバッハを無料で演奏し、人々と音楽を分かち合う日となる。

今から5年前の2010年3月21日。ニューヨークの地下鉄のホームで、バッハの『無伴奏チェロ組曲第1番』を奏でる演奏家がいた。ホームを急ぐ人が足を止め、その生の音楽に聴き入った。そしてチップをもらう替わりに彼は聴衆に1枚のカードを渡した。

今日は偉大なる音楽の父J. S. バッハの誕生日を祝い、一日中バッハの音楽を奏でます。音楽に対する愛と敬意を、街ゆく人々と分かち合い、クラシック音楽を次世代につないでいくために。

この演奏をしたのはニューヨークで活躍中のチェロ奏者、デール・ヘンダーソン氏。そして彼の行動はNYの各紙やCNNなどのメディアに取りあげられ、世界中に伝えられた。

 

2010年に1人で始めた活動が世界39カ国に広まる

クラシック音楽を道行く人と分かち合い、生の音楽を人の心に届けたいというデールの活動『バッハ・イン・ザ・サブウェイズ』は、多くの演奏家の心をとらえ、世界各国に広がっていく。2010年にデール1人が始めた活動が、2014年には米国だけでなく欧州やアジア4カ国12都市に、そして2015年のバッハの誕生日には世界39カ国、129以上の都市で、バッハの音楽が奏でられるという大きな音楽ムーブメントに成長した。日本も今年初めてこの活動に参加する。

1cfa999ce9ee8c9c2b7b89446491ff61-646x1024

ある米国の調査では、生でクラッシック音楽の演奏を聴いたことのある人は人口のわずか3%だという。多くの人が生の音に触れることなくクラシック音楽を“つまらない”、“高尚すぎる”、“自分には合わない”というイメージをもっているようだ。

デールがこのような活動を始めたきっかけには、このような現状への危機感と、クラシック音楽を次世代につないでいきたいという願いがあった。そのため、大きなコンサートホールではなく、楽器本来の音の振動をそのまま感じられる距離、演奏者の息遣いや弓と弦がこすれあう音が聴こえる距離で、できるだけ多くの人にクラシック音楽を体感する機会をつくりたいと考えたのである。

普段電子音でしか音楽に親しんでいない若者にも、楽器のアコースティックな生の音を目の前で聴く機会をつくることは、とても重要だ。街角で聞いた生の楽器の音に魅せられて、将来の演奏家が生まれることもありえるかもしれないのだ。

 

音楽との新しい出会いを作る日

日本でのイベント『バッハ・イン・ザ・サブウェイズ・デイ 2015』では、代官山蔦屋書店、渋谷ヒカリエ、日本橋三越本店、日本橋三井タワーなどの商業施設をはじめ、渋谷区富ヶ谷のHakuju Hallや街なかの小さなカフェなど東京都内各所で、バッハの音楽がプロアマ問わず趣旨に賛同した音楽家によって無料で演奏される。小さなお子様連れでも、演奏を聴くことができる。詳細はバッハ・イン・ザ・サブウェイズ東京のホームページを見てほしい。

Kids

音楽を奏でる演奏家もバラエティに富んでいる。国内外で注目される若手指揮者、山田和樹さんがドイツ、ドレスデンから参加するのをはじめ、漆原啓子(ヴァイオリン)、森田昌弘(ヴァイオリン)、大宮臨太郎(ヴァイオリン)、枝並千花(ヴァイオリン)、小山貴之(ビオラ /指揮者)、三浦克之(ビオラ)、藤村俊介(チェロ)、中木健二(チェロ)・クリストファー・ギブソン(チェロ)、高山由美(ソプラノ)、土師雅人(テノール)、横山弘泰(バリトン)、ヤコブ・ロイシュナー(チェンバロ)、田中正敏(クラリネット)など多くのプロの音楽家が参加する。また、小中学生を含むアマチュア音楽家も演奏に参加する。

 

すぐ近くで演奏家の息づかいを感じながら、ヴァイオリンやチェロ、ビオラ、クラリネット、チェンバロなどの生の音を聴くことができるのはとても贅沢な時間だ。

主催者のひとりで、ミュージック・オン・ジ・アース(バッハ・イン・ザ・サブウェイズ東京事務局)を運営する土門寛子さんは、「日本では路上や公共の場所で演奏を自由にすることはできない。なので、こういった機会を通じて多くの人にクラシック音楽を聞いてもらえるのはとても重要な機会」と話す。

土門さんがいうように、“音楽は言葉のいらないコミュニケーション”。生の音楽が心を満たし、ふれいあいや人々をつなぐ役割を果たす。ホールから街へ飛び出すクラシック音楽はきっと新しい出会いをつくるに違いない。

 

【関連記事】

※ ギターもピアノもチェロも1台で奏でられるマルチインストルメント

※ 1インチの立方体に8つの機能!スマホライフを助ける「WonderCube」

※ 知らないと損する!初心者向け「FCVの仕組み」まとめ

※ やっぱりノーパンがイイ!もう何も怖くない次世代タイヤ

※ 火星の北半球はかつて海!43億年前は「2トーン惑星」だったのかも

【参考・画像】

Bach in the Subways Day in Tokyo – Music on the Earth