睡眠中に地図を再構築?脳内で「ナビ機能」がリプレイしていることが判明

睡眠中に地図を再構築?脳内で「ナビ機能」がリプレイしていることが判明

われわれは眠っているときに、脳のなかであちこち歩きまわり、自分が昼間に訪れた場所の位置関係や道順を復習しているのかもしれない。

ニューヨーク大学ランゴン・メディカル・センターの研究者が、方向を検知する脳細胞は、ぐっすり眠っているあいだも起きているときと同様に活発に活動していることを発見したのだ。

1ページ目から読む