1mm以下の癌細胞を見つけ出す「蛍光色に発光させる」スプレー

1mm以下の癌細胞を見つけ出す「蛍光色に発光させる」スプレー

癌の手術の難しさは、どこに転移した癌があるのかが見つけにくいことだった。特に微小な転移は見逃す可能性が高い。そこで、スプレーするだけで癌細胞を見つけ出そうという研究が進められてきており、新たな成果が発表された。

東京大学大学院医学系研究科の浦野泰照教授、米国立衛生研究所の小林久隆主任研究員、京都大学化学研究所の平竹潤教授らは、癌細胞にスプレーすると蛍光色を発する試薬を改良したことを、2015年3月13日付(英国時間)の英科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』に発表した。

研究チームは、この試薬を疑わしい部位にスプレーすると、数分後には僅か1mm以下の癌まで蛍光色で発光させて検出することを、マウスの卵巣癌で実証してみせた。

実は浦野教授等は、2011年にも癌細胞で増える特定のタンパク質分解酵素を利用した試薬を開発していたが、検出精度に問題があった。そこで今度は、糖類が連なった糖鎖を分解する『β-ガラクトシダーゼ』という酵素に反応する試薬を作り出したのだ。

1ページ目から読む