全世界で49台限定!AKIRAを彷彿とさせる電動バイク「zeCOO」

物作りへのこだわりを投入したバイク

『zecOO』は1台ずつ熟練工によるハンドメイドで作られている。

日本の物作りへの拘りを

公式サイトによれば、多くの部品はアルミ合金ブロックからの削り出しによって作られているという。

『zecOO』の特徴となっている前後のスイングアームも、アルミ合金板を丹念に溶接したうえで、磨きあげて作られているそうだ。

そしてネジ一本に至るまで細心の注意を払って作りあげていることが、物作りへのこだわりとして表されている。

また、『zecOO』の独特なデザインは電動バイクならではの発想だそうだ。

例えば、一見斬新なスタイルにするために考案されたと思えるフレーム構成やハブセンターステアリングは、少ない姿勢変化でバッテリーの重量を受け止める、といった理にかなったスタイリングなのだという。

センターハブステアリング

また、『zecOO』は日本の物作りをアピールしているが、意固地になって何から何まで日本製に捕らわれてはいない。

例えば、パワーソースには最高の物を搭載したいという思いで、米国ZERO MOTORCYCLES社製のパワーユニットを採用し、最大トルク144Nmを生み出すことで、スムーズで途切れのない加速を実現している。

最大トルク144Nm

充電時間は100Vで8時間、200Vで4時間となっており、フル充電での航続距離は160km。また最大馬力は50kWで、最高時速は160kmとパワフルだ。そして見た目も圧倒的な存在感を示しているが、中型二輪免許で運転できる規格となっている。

1ページ目から読む