最高速度48キロってもはやバイク!? でも値段は世界最安レベルの「電動自転車」

最高速度48キロってもはやバイク!? でも値段は世界最安レベルの「電動自転車」

一度でも自転車に乗ったことがある人ならば、「なんでもっと簡単に、しかも速く走ることができないんだろう?」と思った事があるはずだ。

しかし、楽に走れる電動アシスト自転車も、速く走れるロードバイクも高価だ。さらには、メンテナンスが比較的大変であることも悩ましいものである。

そんななか、海外では速くて安くて自転車なのかも危うい“電動自転車”が発表されたようだ。

 

 電動アシストで最高速度は48キロ

その電動自転車は『Wave Electric Bike』というもので、海外のクラウドファンディング『Indiegogo』にて出資を募っている。

Wave Electric 28 MPH Bike1
あらかじめ言わせていただくと、この電動自転車は日本の公道を走ることが出来ないが、機能面では革新的ともいえるスペックを備えているので、是非紹介させていただきたい。

Wave Electric 28 MPH Bike2

まずこの『Wave Electric Bike』は、リアタイヤの上にバッテリーが積まれており、ペダル付近にキーを差し込むことによりバッテリーが始動する。

Wave Electric 28 MPH Bike3

メーター部分ではバッテリーの残量確認や、ライトの点灯、アシストの有無や強さが選べる。

モードを強くすればペダルをこがなくても走ってしまう“アシスト”とも呼びがたいモードに入り、その際の時速はなんと最高48キロにまで到達。バッテリーも4時間ほどでフル充電になるという。販売価格は499ドルと、非常に安値で販売されている。

 

速い電動自転車のデメリット

「こんなに速くて安い電動自転車を、何故日本で使うことが出来ないのだろう?」と思ってしまうが、事故の際のリスクを考えれば慎重にならざるを得ない。

万が一、歩行者に衝突してしまったら当然自転車以上の衝撃が伝わり、転倒してしまったら乗っている人は「自転車で転んでしまった」というレベルじゃ済まないことになるだろう。

このことから、もし日本で発売されるようなことがあっても、仕様が変わったり、自転車扱いではなくなってしまう可能性が高い。

この『Wave Electric Bike』は日本での発売の望みは薄いが、海外では大人気だ。現在希望額の4倍以上の出資を得ており、製品化に向けて順調なスタートを切ったといえるだろう。

将来、日本でもこのような“速い自転車”に乗れる環境が整ってくれることを祈るばかりだ。

 

【関連記事】

※ iPhoneと連携するフォードの電動アシスト自転車「MoDe:Me」

※ 機能も値段もドを越えた電動アシスト自転車「Trefecta DRT」

※ 電動アシスト自転車なのに充電いらずなスマートモービル「CATTIVA」

※ メリットしかない?折り畳めるようになったチェーンレス自転車

※ 自転車ブームにあえて「電動アシストユニット」にこだわる!

【参考・画像】

※ Wave Electric 28 MPH Bike – Indiegogo