SFのワンシーン!? 次世代コンセプトカー「Chevrolet-FNR」の見た目が超絶カッコイイ

 

SFのワンシーン!? 次世代コンセプトカー『Chevrolet-FNR』の見た目が超絶カッコイイ

今のところ自動車が4つの車輪を回転させて走ることに変化はない。しかし、動力装置の多様化や燃料の多様化、そして運転の自動化といった面では間違いなく進化を続けている。

2015年4月20日から上海でモーターショーが開催されたが、その開催前日に、GM Chinaがコンセプトモデルの『Chevrolet-FNR』を発表した。

『Chevrolet-FNR』は自動運転を行う電気自動車だが、そのデザインの先進性に皆が驚かされた。

 

次世代的なデザインのハイテク電気自動車

『Chevrolet-FNR』は、シボレーブランドが中国市場に参入してから10周年であることを記念して発表されたコンセプトモデルだ。

Chevrolet-FNR

『Chevrolet-FNR』の名は、シボレーブランドのグローバルスローガンである“Find New Roads”の頭文字に由来している。

設計はGM傘下のジョイントベンチャーで上海に設立されたPan Asia Technical Automotive Centerが担当した。

カプセルのような透明感のある車体から、昆虫の羽の様に広がるドア(ドラゴンフライ デュアルスイングドア)、ハブがないホイール(マグネティック ハブレスホイール)など、近未来的な外観が特徴だ。

Chevrolet-FNRドアが開いた状態

『Chevrolet-FNR』は未来のモビリティーをイメージした都市型の小型電気自動車で、自動運転モードで走行することができる。

充電はワイアレスオートチャージシステムを採用しているため、充電ケーブルを接続する必要はない。また、通常は存在するはずのキーもない。これは所有者を虹彩認識で特定できるためであり、車が盗まれるリスクを回避したのだ。

Chevrolet-FNR運転席

また、自動運転中は完全に運転操作から開放されるため、前シートを180度回転させて、後部座席と向きあうことができる。

同乗者たちと会話やゲームをしている内に目的地に着いてしまうということだ。

Chevrolet-FNR走行中

マニュアル運転と自動運転の切り替えも、ジェスチャーコントロールで行えるなど、先進的な機能が満載になっている。

 

SF映画のワンシーンが実現する

ただ、『Chevrolet-FNR』はまだあくまでコンセプトカーとして発表されたもので、発売予定や価格などについては発表されていない。

『Chevrolet-FNR』が目の前に停車してドアが開く光景を想像すると、まさにSF映画のワンシーンの様だ。そんな光景を目の当たりにする時代が近いのだろうか。

 

【関連記事】

※ SUVにもハイブリッドの流れが加速!日産エクストレイルハイブリッドモデルを試乗してみた

※ BMWがPHVの開発を本格化!313馬力の量産PHVを発表

※ 次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

※ 小型EVが観光をサポート!ソフトバンクとコラボした「MICHIMOナビ」がサービス開始

※ BMWが「次世代の本命PHV」の増強でCO2排出量削減に挑む

【参考・画像】

※ Chevrolet-FNR and All-New Chevrolet Malibu Make Global Debut at Shanghai GM Gala Night