「3Dバイオプリンター」でついにアレをつくる?12年後にはWiFI搭載の人工眼球が移植できるようになるかもしれない

「3Dバイオプリンター」でついにアレをつくる?12年後にはWiFI搭載の人工眼球が移植できるようになるかもしれない

従来SFに出てくるサイボーグというのは”機械化された人間”というイメージだった。しかし、将来現実世界で生まれようとしているサイボーグは、ちょっとちがうものになるかもしれない。イタリアのデザインスタジオMHOXが、バイオテクノロジーで”製造”した高性能な眼球の市販化を目指しているのだ。

1ページ目から読む