可能性は無限大か!ニコニコ超会議に参戦したPepperがすごい

可能性は無限大か!ニコニコ超会議に参戦したPepperがすごい

Pepeprといえばソフトバンクが突如発表した人型ロボットだ。ネットワーク経由で学習し、会話が出来ることで注目度が高い。約20万円という価格設定ながら、開発用に用意された300台は発売開始1分ですべて完売してしまった。

また、一部のソフトバンクショップでは接客を行っており、そのイメージを持つ方も多いだろう。だが、Pepperがその接客以外を行っているのを見たことがある人は多くない。正直その可能性を感じる機会は非常に少ないのだ。

 

Pepperがニコニコ超会議2015に参戦

そんなPepperが今回4月25日、26日に行われたニコニコ超会議2015に参戦した。同会場の「超ロボットエリア」内で専用ブース「Pepper超アプリラボ」が用意され、様々なパフォーマンスを行ったのである。

ショップの接客とは比べものにならない、多岐にわたるパフォーマンスを行ったPepper。今回、本記事ではそのブース内で行われていた様々な展示やパフォーマンス内容をお伝えしたい。

Pepperの今後が非常に楽しみになる、様々な可能性を感じていただければと思う。

 

展示ブース

まずは展示ブースを見ていこう。

150425-pepper1

まず、事前に注目されていたPepper app challange2015でベストテクノロジー賞などを受賞した「SabiDon with Pepper」だ。音楽クイズを次々と出してくれる。

150425-pepper3

150425-pepper2

これはホッケーゲームを行っている。Pepperにゲームが繋がっているのではなく、画面を見てジョイスティックを操作し「ちゃんとゲームをしている」のだ。

150425-pepper4

慶応大学の研究室が出展していた相互に会話ができるPepper。

150425-pepper6

お祓いをしてくれるPepperも居た。これは非常に簡単なプログラムで作ることができるそうだ。

150425-pepper7

ペッパーのプログラミングを体験できるブースもある。Pepperのプログラミングソフト「コレグラフ」を体験できるのだ。このソフトは非常に優れたGUIを搭載しており、プログラミング言語の分からない人でも、パソコンを触ったことがある程度でも操作できるくらいに簡単に作られている。

 

ステージイベント

続けてステージイベントを見ていこう。前述したコレグラフを用い、普段は広告やWebなどを制作するクリエイティブファームTASKOが「Pepperにハンドベル演奏させてみた」というステージイベントを行った。

150425-pepper8

150425-pepper9

150425-pepper10

彼らが苦労したのは握力が200gしかないPepperに、いかにしてハンドベルを握らせるかといった点だったそうだ。

また、「Pepperに千本桜踊らせてみた」や「PepperをMMDで踊らせてみた 」といったPepperにダンスをさせるイベントも行われた。

150425-pepper11

150425-pepper12

150425-pepper13

開発側はヒヤヒヤだったそうだが、複数体のPepperが綺麗にシンクロしてダンスをくりひろげていた。

150425-pepper15

150425-pepper16

他にも「Pepperに懺悔してみた」など、様々なイベントが行われた。

 

まとめ

今回の展示からはPepperの持つ非常に大きな可能性を感じることができた。また、SDKの積極的な公開や、開発ソフトの優れたGUIなど、広く活用方法を募る姿勢はPepperの可能性を広げるためにも、非常によい環境が整っているといえるのではないだろうか。

第1陣の300台はすでに完売してしまったが、興味のある方は「アルデバラン・アトリエ秋葉原 with SoftBank」でPepperの開発を体験出来る。一度試してみてはいかがだろうか。

 

【関連記事】

※ 2015年に注目すべき身近なロボットたち5選

※ たった50ドルの「知育ロボット」が子供の将来を変えるかも?

※ ロボットの指先に「感触」を与えるとどうなるか

※ 人型じゃないけど超優秀!声や感情がわかる「パーソナルロボット」

※ 世界初「感情認識ロボット」を発売するソフトバンクの思惑は

【参考・画像】

Pepper(ペッパー) – ソフトバンク

ニコニコ超会議2015

Pepper アトリエ秋葉原 with SoftBank

TASKO inc.