これ一つで手軽にスマートハウスを実現できる!? 「Creek」がKickstarterで話題沸騰

これ一つで手軽にスマートハウスを実現できる!? 「Creek」がKickstarterで話題沸騰

地域や家庭内のエネルギーを制御、最適化する住宅として、多くの企業が取り扱っている“スマートハウス”。しかし、企業ごとのサービスの違いの大きさや料金体系の不透明さから、敷居の高さを感じる人が多くなっているのも事実だ。

そんな中、家を簡単にスマートハウスにしてしまうような、ちょっと変わったデバイスが海外で話題となっている。

 

その機能はまさに”簡易型スマートハウス”

そのデバイスはデジタル時計型の『Creek』というアイテムで、海外のクラウドファンディング『Kickstarter』にて出資を募っている。

Creek (3)

この『Creek』にはLEDライトやセンサーをはじめとした多くの子機がセットになっている。

機能は、通常のスマートハウスに装備されるようなホームオートメーション機能だけではなく、電気の制御、鍵などのセキュリティ制御、煙の探知や警報機能、アラーム機能などが備えられており、防犯ブザーのような子機を持ち歩けば家族の居場所までも確認できる。

Creek

また『Creek』本体だけではなく、アプリを使用すれば、外出先でベビールームの様子を見ることができたり、家の様子や家族の居場所を確認することができるという。

creek

本体は一見するとタブレットのようだが、タブレットほどの薄さはなく3~4cmの厚みがあるので液晶テレビに近いだろう。

本体横にはアラームのスイッチやスヌーズボタン、USBポートなどが付いており、そのポートを使ってスマホを充電すれば2倍近い速度でのチャージが可能となるようだ。

ソーラー電力やガス専用の子機こそ開発されていないが、その機能の便利さ考えれば“スマートハウスの簡易型”とも呼べるだろう。

 

簡易型スマートハウスの可能性

今は、“スマートハウス=なにやら難しい”というイメージが付いているかもしれないが、このような簡易型スマートハウスは効果が明確で、誰でもどんな家でも気軽に使用することができるので、認知度さえ高まれば多くの家庭で普及していくかもしれない。

Creek (2)

この『Creek』は現在『Kickstarter』にて目標額の3倍以上のサポートを得ており、良いスタートを切ったと言えるだろう。

子機がさらに多く開発されれば実際のスマートホーム顔負けのデバイスとなり得るので、プロジェクトの拡大に期待したいところだ。

 

【関連記事】

※ スマホで自在にデザインできる投影タイプ壁時計が超多機能!

※ 手軽にプロ並みのアプリが作成できるサービスが登場

※ フィルムカメラの魅力とスマホカメラの利便性を掛けあわせるとこうなる!?

※ スマホで飛ばすんじゃなくてスマホを飛ばしちゃう奇想天外ドローン

※ 眠りも効率化!? 睡眠をマネジメントするアイマスク登場

【参考・画像】

※ Creek – Kickstarter

※ Creek: Smart Home Hub,Smart Clock, Wi-Fi Intercom and more. – YouTube