オナラのニオイを分析!食生活見直しも提案してくれる検知器「CH4」

オナラのニオイを分析!食生活見直しも提案してくれる検知器「CH4」

人には生理現象というものがあり、それを自ら防ぐのは難しい。会社の静まった会議室でこっそりしている人もいるだろうし、恋人とのデート中にそれをしている人もいるだろう。思わぬところで音を出してしまう生理現象、それがオナラだ。

オナラの臭いの原因は、大腸内で食物のカスが細菌によって分解されることによって発生する硫化水素やインドールといった成分によるものと言われている。食べ物が口に入ってから体外に排出されるまで、距離にして8.8メートル、要する時間は30時間程度とされている。

人間は一般的に1日に平均して13回オナラをするが、臭いは食べ物の成分や腸内細菌の量によって左右されることになる。

 

ガスを検知し識別する

『CH4』はそのようなオナラのバロメーターを管理することができるウェアラブルデバイスである。

CH401

操作はいたってシンプル。電源を入れ、パンツの後ろポケットやベルトループにかけておくことによって、アナタから排出されるガスを検知し、分析する。Bluetooth Low EnergyによってiPhoneと接続することができる。Androidバージョンは現在開発中だ。

 

アプリで食習慣の見直しを

『CH4』アプリでは、食習慣とオナラの関係を組み合わせたダッシュボードを作ることができる。

CH402

アプリ上で食べたものを入力し、カテゴリを作ることによって、食習慣を可視化していく作業をする必要がある。

そして何週間かこういった入力をしていくで、アプリは機械学習をして、悪臭を放つようなガスの原因となる“避けるべき食べ物”を識別し提案してくれる。アプリのダッシュボードを見ることで、食習慣の改善を意識するようになるだろう。『CH4』は現在クラウドファンディングの『Kickstarter』で資金調達中で、120ドルで『CH4』1つを購入できる権利が付与される。

まだまだ手入力が必要な部分もあるが、オナラの臭いに悩まされている方は検討してみてはいかがだろうか。

 

【関連記事】

欲求不満な人は充電し放題!「性欲発電」が地球をクリーンにする

子どもの睡眠を知りたいならこれをベッドに置くだけでいい

タンパク質が違った!「自閉症」は唾液検査で早期発見が可能に

アップルのサポートツール「ResearchKit」が医学に変革をもたらすか

喘息発作の仕組みが解明!? 治療には骨粗鬆症の薬が効果を発揮

【参考・画像】

CH4 – Kickstarter