時代はペットボトルレス!持ち運べる水「Ooho!」の作り方

「Ooho!」の作り方は結構シンプル

メンバーのひとりPierre Paslier氏は、『Ooho!』が私たちが持つ液体パッケージについての考え方に挑戦していると強調。

<我々は、このアイデアが、今日私たちが引き起こしている大きな問題への、急進的なソリューションをもたらすことを信じている>

と話している。

また、彼らはこの方法を採用することがメーカーにとってもコスト減のメリットとなると指摘。ひとつのかたまりは40ml程度の内容量だが、材料のほとんどが水であるため、1個あたり2セントで作成できる。すぐにメーカーが『Ooho!』に変更する動きを見せなかった場合でも、ぜひ家のキッチンで作って見てほしいと呼びかけている。

オンラインマガジンの『Inhabitat』は、同様の液体パッケージを作るDIYビデオを公開。こちらの方法では、塩化カルシウムの代わりに乳酸カルシウムを利用しているが、オリジナルよりも膜の強度がやや劣る結果になったようだ。

『Inhabitat』が紹介している手順は次の通り。

(1)水1カップに1gのアルギン酸を入れ、ハンドブレンダーでよく混ぜる。気泡がなくなるまで15分ほど置いておく。

(2)大き目のボウルに張った水4カップに、5gの乳酸カルシウムを加えスプーンを使って混ぜ合わせる。

(3)1の液体を2のボウルに落とす。ボウルが窮屈にならない程度繰り返す。

(4) 3分ほどゆっくりかき混ぜたら、球体をスプーンですくい、水を張った別のボウルに移動させる。

Ooho 水 ペットボトル

source:Lexus Design Award 2014 | Design & Innovation | Lexus International

 

どのように衛生的に、何個も持ち運ぶか、あるいは膜を破る際に顔や服が濡れないためにはどうすればいいか、と実際的な課題はまだあるが、環境問題への意識と解決のためのアイデアが非常に優れているこちらのパッケージ。今後も研究が進み、実用的なレベルでの製品化も遠い話ではないのかもしれない。興味がある方はぜひ自宅でも取り組んでみてはいかがだろうか。

 

【参考・画像】

※ SKIPPING ROCKS LAB

※ Lexus Design Award 2014 | Design & Innovation | Lexus International

※ DIY: How to Make an Edible Water “Bottle” or Bubble – YouTube

【関連記事】

※ 水槽なのに水を替えない!? 植物とLEDをつかった小さなエコシステム

※ 再生可能エネルギー戦略はいばらの道か?ドイツ政府のウインドファーム建設巨額出資をEUが承認

※ 余剰食品の提供も「食品廃棄・飢餓」に挑むアプリ6つ

※ 水と二酸化炭素からできる「ディーゼル燃料」世界で初給油

※ ロシアは充電池市場か?使用済み乾電池がお金の代わりになる「リサイクル自動販売機」

1ページ目から読む