どこに居ようともAmazonからの荷物が追いかけてくる

どこに居ようともAmazonからの荷物が追いかけてくる

FUTURUSでも、Amazonがドローンを使って荷物を配達する『Amazon Prime Air』について過去に紹介した。しかし、この計画が発表された時はまだ、計画自体はAmazonの企業広告であり、実現するとしても限られた地域で荷物を上空から届ける、サプライズ的な演出に留まるかもしれないと思ったものだ。

だが、Amazonは我々が思っている以上のことを計画しているかもしれないことが、4月30日に米国特許庁から公開されたAmazonの特許出願書類(申請は201年9月)に記されていることで、再び世間の注目を集めている。Amazonは着々と計画を実行している。2015年3月にはFAA(連邦航空局)からドローンのテスト飛行の許可も取得しているのだ。

そして今回公開された特許からみえてきたのは、Amazonのドローンは、発注者がどこに居ようとも追いかけようとしているということだ。

 

受取人の現在地点を特定してドローンが追跡する

Amazonが申請していた内容では、受取人のスマートフォンで共有された位置情報を、ドローンが正確に目標とすることだ。

Amazon特許表紙

つまり、受取人は自宅に居るとは限らない。友人宅かもしれないし、職場かもしれない。あるいはリゾート地かもしれないのだ。それでも受取人が受け取り場所として、それらの位置情報をAmazonに提供すれば、荷物は受取人が居る場所に届けられる。

Amazonのドローンは、スマートフォンを介した位置情報を追跡して荷物を届けるのだ。その内容は、公開された特許申請書に記載された注文フォームやドローンの仕様などから明らかになった。

Amazonフォームデザイン

入力フォームには、受取人が居る地点を示す地図が表示されているのだ。もちろん受取人が『Select Delivery Location』オプションの『Bring It to Me』をチェックしなければ、ドローンは追跡をしない。

しかし希望すれば、商品は出荷準備が完了した時点で、受取人の所持するスマートフォンから割りだされた現在地が発送先としてセットされる。

ドローンも荷物のサイズによっていくつかの種類から選別される。しかしいずれのドローンにもカメラや赤外線センサーなどが搭載されており、障害物を回避して飛行する。

Amazonドローン

他のドローンともお互いに通信しあいながら、衝突を避ける経路で飛行できるようだ。気象情報も取得しながら安全性を確保するらしい。

 

SFみたいだ…とは言えなくなるかもしれない

Amazonが計画していたドローンによる配達は、予想されていた以上に高度なシステム上で実現されようとしているようだ。受取人さえ望めば、ドローンは彼を追跡して荷物を届けようとする。

もちろん、特許として申請されただけでは実現できない。実現するためには様々な技術的・法的課題がクリアされていかなければならないからだ。

しかし、既に目標とすべき姿が明確であれば、Amazonがそれを実現できない、と断定することもできないのだ。彼らはネット通販と物流のあり方を変えるかもしれない。

 

【関連記事】

Amazonが空から宅配!? 米連邦航空局がドローン耐空証明を発行

※ ウソ?ホント?アマゾンでBMWが買えるって…ホントだった

※ ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

※ 今さら聞けないドローンの基礎知識5つ

※ アクションカメラの「GoPro」が独自ドローンを開発

【参考・画像】

※ Patent Application Reveals New Details About Amazon| Drone – WIRED

※ Amazon’s Delivery Drones Could Find You Wherever You Are – TechCrunch

※ United States Patent Application: 0150120094