ドライバーの眠気やストレスを検知して運転を管理するシステム

ドライバーの眠気やストレスを検知して運転を管理するシステム

アップルウォッチの例をあげるまでもなく、最近は生体情報を活用する例が増えている。ドライバーのストレスや眠気といったものを検知し、ナビゲーションやドライブレコーダーと組み合せることで、より安全かつ効率的な運転を補助する取り組みが進んでいる。

 

自動車運行管理サービス需要の高まり

長距離バスのドライバーが居眠り運転で大事故を起こすなど、昨今自転車運行管理サービスへの注目が集まっている。居眠り運転を事前に防止するために適切な休憩を促したり、渋滞時は迅速に迂回ルートを案内することが求められている。

東芝が企画・提案した「自動車運行監視・管理等による省エネシステムに関する調査」は欧州を対象とし、予備調査を進めている。

 

クラウド・ビッグデータ解析との連携

driver_support

ドライバーはリストバンド型活動量計を装着、睡眠状況や生体情報とドライブレコーダーで計測した道路交通状況をクラウド・プラットフォームへ送信。複数の自動車から得られたビッグデータを解析し、最適なルートへのナビゲーションを行う。

これには燃費がよいルートの選択や事故率の高いルートを回避といった機能も備わる。結果的にドライバーはストレスフリーで、燃費のよいルートを運転できる。また休憩の指示や睡眠データからシフトの組み換えまで自動的に行うことで、より安全な運行にも寄与するという。

 

ますます重要になるドライバーサポート技術

今後自動運転技術が進化し、将来的にはドライバーが不要になる時代がくるかもしれない。しかしその時代が到来するまでドライバーは必須である。ドライバーサポート技術・運行管理サービスは悲惨な事故を回避するため、重要性はますます高まるであろう。

 

【関連記事】

※ 自動運転で全米横断! 実用化への最大の課題は・・・

※ 空気で消火する小さな消防車が登場!日本メーカーの技術力を世界にアピール

※ 200台限定?販売セグウェイみたいな電動バイク「ワンホイール i-1」

※ こんな巨大トラックが自動運転を始めて大丈夫なのか?世界ではじめて公道での試験が許可

 ※ SFのワンシーン!? 次世代コンセプトカー「Chevrolet-FNR」の見た目が超絶カッコイイ

【参考・画像】

※ 東芝と日本IBMが生体情報を活用した自動車運行管理ソリューション分野で協力