暴力ゲームが「プレイヤーを攻撃的な振る舞いに導く」は間違いと判明か

暴力ゲームが「プレイヤーを攻撃的な振る舞いに導く」は間違いと判明か

コンピューターゲーム、特に暴力的内容を含むゲームは青少年の人格形成に悪影響を及ぼす可能性がある……。

家庭用ゲームが一般的になったここ数十年、日本でも繰り返し語られてきた“常識”だ。こうした説はセンセーショナルな少年犯罪の背景を解説する文脈で持ちだされることが多く、依然として大きな説得力を持っている。

ところが、先日アメリカで発表された研究から、こうした見方と対立する結果が得られたという。すなわち、暴力的なゲームを他人と協力してプレイすることは、攻撃的な振る舞いを起こしやすくするのではなく、むしろその逆の可能性があることだ。

1ページ目から読む