MITが開発した「チーター」は走って飛べる凄いロボ

MITが開発した「チーター」は走って飛べる凄いロボ

アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)が、走りながら障害物をジャンプできる四本脚ロボットを開発。テスト風景の動画が公開された。

名前は『MITチーター2ロボット』。時速100kmで走ることができ、地上最速のネコ科動物の名を冠したこのロボットは、動画をみればわかる通り、走りながら障害物を見事にジャンプする。しかも、脚運びが実にリアルだ。