ルーマニアのハイテク企業が視覚障害者のための「スマート公共交通機関プロジェクト」を推進

ルーマニアのハイテク企業が視覚障害者のための「スマート公共交通機関プロジェクト」を推進

ルーマニアのハイテク企業であるOnyx Beacon社は、ブカレストの地方自治体と提携してSPT(Smart Public Transport:スマート公共交通機関)を進めている。

具体的には、500台の『iBeacon』デバイスを都市内で運行しているバスに設置しようということだ。

この試みは、市民の内12,000人ほど居ると推定される視覚障害者が、より安全に公共の交通機関を利用できることを目指している。

視覚障害者にとっては、バスを利用することには困難が伴うからだ。

それをOnyx Beacon社は500台のバスに『iBeacon』を設置することで、都市のバスネットワークを視覚障害者が利用する際の困難さを緩和しようとしている。

しかも、そのシステムは無料で利用できるようになる。

1ページ目から読む